鉄・ステンレス等の金属加工なら
金属の加工は成瀬金属株式会社

取引業者500社以上、安心の実績
[RoHS対応可] 鉄/ステンレス等金属の加工なら
金属加工専門の成瀬金属にお任せ下さい!
tel,FAX番号

タレパン加工 - 金属加工技術Tips

プレス/ベンダー加工切断加工フライス/マシニング加工タレパン加工旋盤/押出/絞り加工転造/鍛造/ヘッダー加工ダイカスト/砂型鋳造溶接

タレパン加工

 タレットパンチプレス
金属板をプレス抜きするための金型を多数装着可能な円盤状(または扇状)の部品(タレット)と、金属材料を保持し水平方向に移動させることができるテーブルやクランプ等を持ち、それらを数値制御して金属材料の所定の位置に打ち抜きや成形加工を行うプレス機です。金型の変更や金属材料の移動を自動で行うことが出来ます。
で行う金属加工を一般にタレパン加工と言います。

 基本的には、打ち抜きに特化した金属プレス加工ですが、タレット内に
収納された汎用金型(丸型・角型・長角型・長丸型・異型等)を自動で交換し、
金属材料を少しずつずらして連続してプレス加工(追い抜き、ニブリング)
を行うことができるため、通常の切断では出来ないRを取った切断や長穴の
加工が専用の金型を作らずに出来ます。また、数値制御する機械のため、
比較的高精度の加工ができます。

 そのため、多品種少量生産に適していますが、肉厚の板に対しては加工ができない、
板材が持ち上がるような立体の加工が出来ない、ある程度形が出来上がったものの
後加工では使用できない事が多い等デメリットもあります。

 ちなみに、上記のタレットパンチプレスやNC機械などの数値制御で加工を行う機械
ですが、使い方さえ知っていれば誰でも同じ金属加工の製品ができるかというと、
残念ながら難しいです。1つの加工品に対して複数個所の加工を行うと、各々の加工が
少しずつ影響し合って、最終的に計算通りにいかないことが多々あります。
また、ロット毎に若干の材質の違いの影響も数値補正で吸収してやる必要があります。
そんな理由から、自動化といっても、その大元の数値指定は結局職人の勘と経験に
依存するのが現状です。

お問合せはこちら
メインメニュー: 金属加工
ホーム
成瀬金属の考え どんな金属加工が
できる?
会社概要 金属加工のTips集
加工事例: 線材(丸棒)の金属加工 メッシュの金属加工 板の金属加工 パイプの金属加工
製品事例: 弱電関係 住宅設備関係 雑貨関係 販促什器関係 バスケット(カゴ)関係 病院・医療・衛生関連 その他
その他: お問合せ
お見積り
よくあるご質問 サイトマップ