鉄・ステンレス等の金属加工なら
金属の加工は成瀬金属株式会社

取引業者500社以上、安心の実績
[RoHS対応可] 鉄/ステンレス等金属の加工なら
金属加工専門の成瀬金属にお任せ下さい!
tel,FAX番号

旋盤/押出/絞り加工 - 金属加工技術Tips

プレス/ベンダー加工切断加工フライス/マシニング加工タレパン加工旋盤/押出/絞り加工転造/鍛造/ヘッダー加工ダイカスト/砂型鋳造溶接

旋盤加工

金属加工(旋盤加工品)
旋盤加工品
 旋盤
刃物ではなく金属(基本棒状)の方を回転させ、固定されたバイトと呼ばれる刃物で切削加工をする機械。
で行う金属加工を一般に旋盤加工と言い、
加工品は挽物(ひきもの)と呼ばれることもあります。

 陶芸のロクロをイメージすると分かりやすいです。
ロクロでは、盛り上げた粘土を回転させそこに手を
当てることで粘土の形状を変化させます。
この「粘土」を棒状の金属材料、「手」を刃物に
置き換えたものが旋盤加工です。旋盤加工では、
金属材料を回転させそこに刃物を当てることで、
切削を行います。

 切削加工の一種で、主に「外丸削り」、「中ぐり」、「穴あけ」、「ねじ切り」、
「突切り」といった金属加工を行います。その性質から、材料の回転軸に対して
対称形であるものを切削する際に利用します。

 具体的にはネジ類、ガスケット、フランジ等です。(材料が棒状でも、加工後の
形状が棒状であるとは限りません)

押出成形

金属加工(押出成形品)
押出成形品

 塑性加工の一種で、ダイス(高圧に耐えうる型枠)に対して金属を
高い圧力で押し込んで行う金属加工です。
「ところてん」をイメージすれば分かりやすいと思います。
あれも食品を素材とした「押出成形」です。
対応するダイスと十分な圧力を出せる機械があれば、写真(上)の
ような複雑な断面形状の製品を量産することができ、
押し出された加工品の表面は非常に滑らかになります。
またその特徴として、同じ断面形状の長尺の加工品ができます。
そのことから単純な形状であっても、プレスでは難しいくらい長尺の金属加工品の
場合はこの押出成形で加工することがあります。(例:写真(下))

 一度の押し出しでは目的の形状に出来ない場合、何段階か段階を踏んで最終形状に
することもあります。金属では、アルミサッシのようなアルミニウム製品の加工で
多用されていますが、鉄やステンレスでも行うことができます。

 ただし、加工の都合上必ず金型が必要になるため、少量には現実的に向かないのと、
金型があっても製造する数量が求めらるというデメリットがあります。

絞り加工

 塑性加工の一種で、金属板から消火器や花瓶、トレーといった容器状のものを成形する際に利用する金属加工です。
プレスで行うプレス絞りと、ヘラで行うヘラ絞りがあります。
プレス絞りは、プレス加工のようにオス・メスの金型で金属を挟み込むことで成形し、
ヘラ絞りは金属板を回転させ、ヘラを使って金型に沿うように成形します。その加工方法から、スピニングと
呼ばれることもあります。
どちらも金型が必要ですが、ヘラ絞りはオス型が必要なだけなので、金型費が比較的安価に加工できますが、
旋盤同様材料の回転軸に対して対称形であるものの成形に限られるというデメリットもあります。

お問合せはこちら
メインメニュー: 金属加工
ホーム
成瀬金属の考え どんな金属加工が
できる?
会社概要 金属加工のTips集
加工事例: 線材(丸棒)の金属加工 メッシュの金属加工 板の金属加工 パイプの金属加工
製品事例: 弱電関係 住宅設備関係 雑貨関係 販促什器関係 バスケット(カゴ)関係 病院・医療・衛生関連 その他
その他: お問合せ
お見積り
よくあるご質問 サイトマップ