鉄・ステンレス等の金属加工なら
金属の加工は成瀬金属株式会社

取引業者500社以上、安心の実績
[RoHS対応可] 鉄/ステンレス等金属の加工なら
金属加工専門の成瀬金属にお任せ下さい!
tel,FAX番号

切断加工 - 金属加工技術Tips

プレス/ベンダー加工切断加工フライス/マシニング加工タレパン加工旋盤/押出/絞り加工転造/鍛造/ヘッダー加工ダイカスト/砂型鋳造溶接

シャーリング(せん断)加工

 金属材料を任意のサイズに切断する金属加工です。
ハサミと同じ原理の金属の切断方法で、シャー切りとも言われます。
ハサミと同じ原理なので、丸鋸(メタルソー)や帯鋸(バンドソー)と違い、
切り代(シロ)が発生せず、それらよりも長い距離が素早く切れます。
また、後述するレーザーカットやワイヤーカットと違い、直線にしか切れませんが、
加工が早く加工単価が安く済むので、単純に金属を寸法切りする場合などに
利用される金属加工です。

 シャーリングやバイブレーターといわれる専用の機械で行われます。
これらの機械で、平たく言うと、ギロチンのようにスパスパ切断します。
ただ、金属を切断するので、上刃は鋭利は刃物ではなく、鉄の塊のようなもので
押し切る感じになります。ですので、プレス加工での抜きと同様、多少なりとも
バリが出ます。また、パイプ等の中空の金属材料は押し切る前につぶれて
しまうので、この加工方法は一般的には使用されません。一般に比較的薄い
板材や線材(丸棒)、アミやメッシュ等のカットに使われます。

レーザーカット

金属加工(レーザー加工機)
レーザー加工機

 レーザー光によって、金属の切削や切断を行う
金属加工です。虫眼鏡で光を集めて紙に穴をあけたり
線状に穴をあけて紙をくり貫いた経験はないでしょうか?
簡単に言うと、それを高出力で行うものだと考えれば
良いでしょう。

 その性質上、金属以外の素材に対しても加工は
可能ですが、ここでは金属(鉄・ステンレス)を
対象とした場合に話を絞ります。
その特徴としては、以下のようになります。

ワイヤーカット

 極細のワイヤーを使って切断を行う金属加工です。
イメージ的には、発砲スチロールをカットするのに発砲スチロール専用の糸鋸のようなカッターがあります。
これは細い鉄線に電流を流し鉄線を温めることで、発砲スチロールを溶かしながら切っていくものですが、
それを発砲スチロールではなく、金属で行うものです。

 ワイヤーで切るのではなく、金属とワイヤー電極間に放電を発生させ、この放電エネルギーにより金属を
溶かしながら切断します。そのため、レーザーカットと同じく非接触加工に分類され、
精度が出しやすいですが加工に時間がかかります。
しかし、厚物やレーザーカットでも難しい形状に切断することができます。

お問合せはこちら
メインメニュー: 金属加工
ホーム
成瀬金属の考え どんな金属加工が
できる?
会社概要 金属加工のTips集
加工事例: 線材(丸棒)の金属加工 メッシュの金属加工 板の金属加工 パイプの金属加工
製品事例: 弱電関係 住宅設備関係 雑貨関係 販促什器関係 バスケット(カゴ)関係 病院・医療・衛生関連 その他
その他: お問合せ
お見積り
よくあるご質問 サイトマップ