鉄・ステンレス等の金属加工なら
金属の加工は成瀬金属株式会社

取引業者500社以上、安心の実績
[RoHS対応可] 鉄/ステンレス等金属の加工なら
金属加工専門の成瀬金属にお任せ下さい!
tel,FAX番号

フライス/マシニング加工 - 金属加工技術Tips

プレス/ベンダー加工切断加工フライス/マシニング加工タレパン加工旋盤/押出/絞り加工転造/鍛造/ヘッダー加工ダイカスト/砂型鋳造溶接

フライス加工

金属加工(フライスの刃形状の違い)
縦フライス(上)
横フライス(下)

 フライス加工とは、金属を切削する金属加工の
一つです。フライスは、刃物(円板状だったり円筒状
だったり様々な種類があります)を回転させながら
金属に当てて、切削加工を行う機械(フライス盤)
で行います。
広く使用される縦フライスを例にとると、
穴をあける際はドリルを使用し、溝加工のような切削を
行う際はエンドミル(ドリルに似た形状)の横腹を金属に
当てて削り取ります。エンドミルの他にも用途によって
様々な刃物があります。金属から目的の形状に削り取る
金属加工ですので、フライス盤では比較的精密な作業が
可能となっています。そのため、ただの寸法切りで
あっても、厳密な寸法が求められる場合などは
フライスで行うこともあります。

 大別して、縦フライス盤と横フライス盤があり、
縦フライス盤は上下(縦)方向に主軸があり、横フライス盤は水平(横)方向に
主軸があるものを指します。ここで「主軸」と表現したのは、主軸=刃物とは
限らないためです。エンドミルやドリルのように主軸の周囲に直接刃が付いている
ものもあれば、横フライスのように主軸に対して垂直に丸鋸の刃が付いている
ものもあります。縦フライス盤で溝を彫る場合、溝の幅は通常板厚以上が
求められるので、(板厚未満の直径のエンドミルを使用した場合、
エンドミルが負けてしまうため)板厚未満の溝の幅の場合は、横フライス盤を
使用して金属加工をするのが一般的です。

マシニング加工

金属加工(マシニングセンタ)
マシニングセンタ
マシニング加工(機械加工)とは、金属を切削する
金属加工の一つで、 マシニングセンタ
工作物の取り付けを変えずに、フライス・穴あけ・中ぐり・ねじ立てなど種々の作業ができる数値制御工作機械であり、多数の種類のことなる工具を自動的に作業位置にもってくる装置を備えたもの。または少なくとも二面以上を加工できる構造で、工具の迅速な交換機能を備えた機械。
で行う
金属加工を指します。

 マシニングセンタでは、刃物(種類は様々です)を
回転させながら金属に当てて、金属から目的の形状へ
削り出します。要はフライス加工ですが、複数種類の
切削を数値制御で一括で行うので、金属に
より複雑で精密な加工をすることができます。

 これと似た機械にNC旋盤やNCフライス盤があります。
それぞれの違いは以下の通りです。
NC旋盤NC旋盤が「工作物を回転させて削る」のに対し、 マシニングセンタは「刃物を回転させて工作物を削る」ものです。
NCフライス盤NCフライス盤では手動で工具を交換するのに対し、 マシニングセンタでは自動で工具を交換します。

金属加工(マシニングセンタ-自動交換用の刃物)
自動交換用の刃物
お問合せはこちら
メインメニュー: 金属加工
ホーム
成瀬金属の考え どんな金属加工が
できる?
会社概要 金属加工のTips集
加工事例: 線材(丸棒)の金属加工 メッシュの金属加工 板の金属加工 パイプの金属加工
製品事例: 弱電関係 住宅設備関係 雑貨関係 販促什器関係 バスケット(カゴ)関係 病院・医療・衛生関連 その他
その他: お問合せ
お見積り
よくあるご質問 サイトマップ